スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘くて冷たい

101016_2154~001
なみだ魚 -tea fish-

B4サイズ 水彩色鉛筆水彩を使用
前のを大きくちゃんと描いてみたよ~*

101027_1918~001
むかしよりははるかにましになったね(
まだまだこれからも課題があるけれども
中埜先生にたくさん指摘もらうのもなれてきて
ほめてもらうとうれしかったり まえと同じミスをするとかなしくなったり、


考え事してたいせつな傘を電車の中に忘れてとりにいくのに代ゼミ遅刻してしまった

土曜日授業中に担任の国語の教師に
プレントをどうしても見つからないので隣の子に見せてもらっていたら
そんなんことしろといってないだろ!
なにもいわないで見せてもらうのをやめて、ちゃんと座る
態度が気にくわん、私は人間なんだ、
ぜんぶいってやろうか?!
その机に置いてある本をなおせ
その本もなおせ これはスケジュール帳です。 じゃぁそれをいえ!

とずっと暴力的な声で怒られて 誰も1言とも話さない沈黙の嵐で
頭に血が上って熱くなって 感情がとまらない・・・・・・
わたしは怒るとなきます 感情があふれてあふれてあふれます
声が出るとヒステリックと呼ばれます

今いったじゃないですか・・・
私が授業受ける権利を奪ったのはあなたじゃないですか

奪ったのはあなたじゃないですか


がっこうの先生がそんなこといっていいの
学校はゆういつしっぱいできるところなのに
あなたはぐれたり、道をはずしてしまったりした子なんてどいうでもいい、
美術コース以外のクラスなんて 言うことを聞かない子はほっとかすというんでしょう?
そこに手をさしのべるのが先生っていうんじゃないの?
しっぱいするなっていうんだ?
英語の先生みたいにみんなが授業受けれるように手をさしのべるもんじゃないの?
さいやくだ


おまえみたいな おまえみたいな男が
お父さんとかさなっていって

にくい ゆるせない

また次の学年の担任になんか・・・ ぜったいさせない
うったえてやる。

3時間くらいなみだが流れ出すととまらなくなって
ひとまず1人になりたくてまた新しい油絵がある地下に逃げた


教室で泣くという屈辱 我慢してたけどどうしようもなく がんばって押し殺してないた
泣いてる姿なんかだれにもみせたくなかったのに

あとから教科書に挟まってたプリントと
家じゃどうしても見つけれなかった辞書はロッカーの隅に埋まってって
どうしようもないきもちだった

図書室でとしょしつの仲のいいせんせいとこいって
なんとかいおうとしたら感情が戻ってきて なみだがでそうになるから
ことばがうまくでない からすこしでやめた。。


でも
おわりましたから 
日にちは進んで感情も消えていきます、、、




スポンサーサイト

■ Comment

タイトル

先生も人間ですよ

この世に完璧な人間なんていませんよ
いるなら見てみたいです。

先生が言いたかったことは
失敗をするなということじゃなくて
失敗をしたら謝れ ってことじゃないでしょうか

たまたま先生がいらいらしていたのかもしれません
それのせいで生徒にあたるのは
あまりにも人間としてできてない気がしますが

しかたないですよ。

先生によって
先生の理想像は違うものですよ

生徒を進学させるのが目的な先生
生徒を立派にさせるのが目的な先生
生徒に幸せな学校生活を送らせるのが目的な先生
自分の生活を安定させるのが目的な先生
それぞれだとおもいます。

正直、声を荒げるくらい
かわいいものだと思いますよ
中学校のころの顧問の先生は
生徒を殴るし、暴言を吐くし
友達は口の中と外から
血が出るまでたたかれてました

部活をやめていく人も
何人もいました


悪い先生、嫌な先生
良い先生、好きな先生

悪い先生は、反面教師として
自分はこんな人間に絶対にならないと
良い先生は、教師として
こんな人間に絶対になってやるとすれば
案外、嫌いな先生も教師だとおもうことが
できるとおもいます。

先生に暴言を吐かれて
傷ついたし、傷ついた人を見てきたから
俺は、人にそんなことを言いたくない

中学校の顧問の先生から
人が傷ついたらどうなるかを
いままでより強く学ぶことができました
そのおかげで今の俺があるんです。

人に優しく。 という 

長くなっちゃいましたね・・・
ごめんなさい。。

泣くことは屈辱ジャないですよ
素直な心の現われです。
我慢することはないですし
泣きたいときは泣いてください
体に悪いですから。
非公開コメント

プロフィール

miki

Author:miki

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。