スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころ。

自分が怒りを押し殺したことがないか確認してみる必要があります

がBの人格が持ってしまっている恐怖感や悲しみを自分のこととして認識することです。
そのときに人格を分離してその場を逃れる心の癖を付けてしまい

、辛さをBの人格でごまかすことではなく
受け入れるというのは
がBの人格が持ってしまっている恐怖感や悲しみを自分のこととして認識することです。

過去を振り返るのは、過去に抑圧された感情を表出するためと、この誤った価値観に目を向けさせるためであって、最後は辛い過去を忘れることが大切です

鬱の人は、過去に生きています

しいことがあっても、楽しめません。それは、意識が過去にいるからです。健康な場合、意識は今現在にあって、過去は忘れています。カウンセラーに対して、正直になれないのは、過去に自分が会った人と、目の前にいるカウンセラーを同一視するからです。カウンセラーは何を言っても受け止めてくれる存在であって、過去に会った人と全然違う人で価値観も考え方も違うのです。これも、意識が過去に生きていることを示す典型的な例です。

夢はあなたの病んだ心を治癒させるはたらきがあると言われています

自分に負けないで、勇気を持って、やらなければならないことをやり始めてみれば、そのストレスはあなたの力に変わります

が置かれても、うまく回避できるはずです。そうなってしまった自分を責めるのではなく、その事件が自分の心にどのような傷を負わせたのかをきちんと認識し、だけど自分はこの壁に立ち向かって、失われた自信を取り戻すのだという意志をその傷に対して向けていけば、心の根底が抱えた不安感は消えていきます。そしてそれができるようになれば、過去を振り返るときに心が騒ぐことがなくなります。

、「早くこの状態を何とかしなければ誰かにひどいことをされる

   人に認められることではなく、自分が満足できることを目標にする。

どこがくるわされたのか、どこでくるわされたのか、昔はもっと感情豊かだったとか、どんな感性で生きていたかとか、いろいろなことをよく思い出して、昔に還ってみてください。

 自己の目標が高すぎて実現不可能であるのに、それにこだわり、報われない努力を続けていることに気づかない。

つまり自分の本当の心をどこかに置き忘れてしまっているから

人はその我慢を認めてくれない薄情な存在です。

あなた自身があなたを信じられなくて、誰があなたを信じてくれるでしょうか。まずは、あなたの良いところを探す作業をしてください。そして、あなた自身を世界中で一番愛してください。あなたの良いところも、悪いところも、全て愛してください。そうすれば、今の苦しみはだいぶましになってきます。
 
 
 その代わり、自分の考えも、他人に干渉させてはなりません。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:miki

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。