スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄

これからメィンにしようと思ってる 月の赤姫がやっとのことで4次英雄になりましたw

4zi.jpg
120.jpg
友達のみんなところなさん、だんごちゃん、ソイルさん、キュートs、星sありがとうw
手伝ってくれた人や周りに人がいたからここまでこれました^^
ありがとうw

kao.jpg
akahime.jpg
髪をツインに変えたり目色変えたりと私新しくかわりました* 月さんみたいで結構気にいってますw
アバタも秋に新調しましたΣ



*おまけ*
連合マスタのとあsは、、、ぼくのお兄ちゃん的存在です・ω・*
hatugenn.png

銭湯文化祭催眠

とても文化祭たのしかったです^^*
浴衣で動けて受付して売り子しましたw

終わった後 女の若い先生と2人でいって銭湯にいって語らいました//
自分より年上の人は魅力的ですw
いろいろ経験してわたしの知らない話をしてくれます
あぁ大学入ったらたくさん旅行にいこう!
その後2人で迷子になったのは内緒←
帰ったのは夜10時半くらい
とてもいい思い出ができました。
高校最後の思い出 です 

わたし来年ここじゃなく芸大でがんばってるんだ
うん
今日はその先生と2人でアリエッティの美術館いきますw
規模がでかいとききたのしみ!


わたしは必死に
自分に催眠をかけた
最初からなんもなかったのよ

アリエッティ展↓
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1107/



すごくたのしかったよw

帰りはでも やさしいのかよくわからない雨が降ります
わたしは濡れながら車を待ちます
http://www.youtube.com/watch?v=52dsKDITbbo&feature=related



わたしは必死に
自分に催眠をかける

もともといなかった
そんな人いなかったのだ

もう次あったときは もうその人じゃない
違う人


だから
いままでどおりにたのしくできる
もうこころ揺さぶられるひつようがない。

嫉妬深いわたしに バイバイ。

you are you

http://www.youtube.com/watch?v=ZG6bKvtlkg0
やっとこの曲のよさがわかったw


K3400159.jpg

i love you
you are you..

きみだから。

そう言ってもらいたかった ときがあった
けど

もう自分でそういえるからもういい。
大人になりたい
精進しないと... 憧れるくらいに

あぁ ばかにされたり下にみられるくらいならわたしは・・・  だれもいらない。
だれも要らないっ・・・  


大人になりたい
精進しないと... 憧れるくらいに


そしたらいつか
わたし だれか  に
 好かれるかな。 人として  どれくらいの人にかわからないけど

将来一緒に笑ってくれる人ができるだけいたらいいな



と自問自答中
さいきん泣いてばっかだ
平常心なんだけど・・・
感情豊かでなにより、
安心する

海道

まだ描き始めたばっかでばらんとしてますが><
今日描いた途中経過
K3400158.jpg
海道 兵庫の須磨です

まるでとなりあわせで~
月と太陽のように。
わたしは太陽のなりそこないだけど
月に憧れる赤い太陽でした。

まぁ海の向こうのあこがれにわたしは目を細めてなにか見てるのです
かっこよくなりたかったなぁ強くなりたかったなぁ美人にry
でも~それじゃー意味ないのー
=さくら コブクロ= 今日コーラスで歌いました
明日から文化祭です~
たのしみだなぁ 文芸部で浴衣で部誌売る予定*
思い出つくり~になるかなぁ?

卒業制作と色遊び30枚終わらないと卒業できねーぞって先生に脅された
ひとまずやろう。手うごかそう・・・
(・ω;`)(

今日は枝を描きました
K3400157.jpg

途中経過2

K3400156.jpg

理想にしがみついて 今わすれるくらいなら
もう描けなくなってもいい・・・

仲秋の名月ですね

K3400154 (1)><。
卒業制作。。やる気あるけど
ぜんぜんすすまないry あぁクソ((

受験おわったし
アルバイト大阪で時給850円で働いてみようと思ってます。
新しくオープンが10月からで時期いいし、たのしそうだったのでw
面接やったけど受かってたらいいなぁ><


come返事*

閣下さん
しぃちゃん
たかくん
影さん
サンダs
ころなさん

みてくれてありがとうねw
感謝 感謝 であります 




K3400151_convert_20110912210225.jpg

今日は 仲秋の名月です・・・

今年も 月はきれいになびいている。

理想

大学を受かったわたしは 本当に今したいこと求めて振り返る。




わたしが
幼い頃から絵に興味を持ったきっかけは、 
むかし高校の頃、同じ美術部だったお母さんの 部活内のともだちの家庭の存在でした。
大人になっても 家族ぐるみで クリスマスイヴに出会う時に 物心つく前からこどものわたしもつれってもらってた。
周りはみんな年上のお姉さんばかりでわたしが末っ子で遊んでもらったりしてた。
美術部だった人はある人は美術の大学の教授になったおばちゃんや
部活内で結婚して武蔵野美術大学に進み中学の美術の先生となったおじさん とフラワーデザイン先生をして暮らすおばちゃん。 
その娘の京都精華大学に進み就職したお姉さん方。
そしてとても幸せそうで うらやましくて かっこよくて 幼い頃のわたしは・・・
宝物を見てるような感覚で。
幸せってこうゆうもんなんだと漠然と感じて 

わたしは
その家庭すべてにずっと憧れてた。
毎年お姉さん達がくれるかわいい手書きの年賀状を楽しみにしてた。

しかしわたしはお姉さん達みたいな人じゃなかった。
違う人間だった。
わたしにはわたしの運命がある。。って気がついた




今製作してる卒業制作の作品で 100号Sのさくらの森の中に座っている自画像をかいてます
大きさでいうと手を上げて立ってジャンプするくらい。  わたしの初めての大型作品です。
いや進んでないから、、描こうとしてます((
この前描きながらおもったのです。地塗りの上から下書きをしてるときでした。

いままでいろいろ感じながら描いてきたけど、

わたしが描きたいものは何か?

自分の根本に触れたように感じたのです。

わたしは、
きれいなもの、美しいもの、母が求める絵、周りがほしい絵ではなく。


わたしが描きたいのは・・・・・・

だから 描いてるとたのしい。
だから描きたい。



ほんとうは きれいでいたかった。

けれどそのまえに なりより このじぶんに自信を持って確信もちたかった。
醜い部分もある じぶんを受け止めたかった

けどほんとうは白い色が似合うわたしでいたかった 


しかし人にはみんな色があった・・・
むしろ黒にもなれきれず よごれていく 白にもなれず 
あいまいな私たちは 同じではなく 一番にもなれず 一人一人個性がある違う人間の中で 
違う中で
わたし達はどうしてヒーローになろうとしてたんだろうね。



    


わたしがえがいていたのは人だったのです。

わたしにはほんとの自分が描きたいと思った物を描かせてあげたい。

人はほんと不公平だよね
まずみんなスタート地点が違うもの
愛されて育つ 人もいれば 愛されないで育つ人もいる 他にじぶん達よりもっとむごい人がいる
いろいろあると思うけど
それは運命で その特徴だから わたしだったのだとおもう。

じぶんと別の人とくらべて羨むより
みんな別々の運命を背よっているのだから 
わたしはわたしの運命受け入れて わたしはわたしらしくいる。

だから
みんなと同じなわけない。
世の中ほんと不公平にできてるんだから。

わたしは、ずっと理想にしがみ付いて、他人を羨ましく思うのが長かったから
アイデンティティーの確立というのが遅れたのかもしれません。

理想の自分は自分じゃないってことをわかってなかったのです。

アイデンティティー

春に出会い
 恋に落ちた
夏にいっぱい 思い出作った
秋の夜に ひとつになった 
冬にすべて 終わりを告げた。 

http://www.youtube.com/watch?v=2Tjruav9U3c&feature=related最後のリボルバー

茹る
 茹る 環状線  
ここには無い  ここには終点は無い 左右踏み切りの音 カンカラリンドウ

http://www.youtube.com/watch?v=dfJLtx-nI8U&feature=related
リンネ






私は心理学を勉強してたりします。 少し紹介します

アイデンティティーとは「自分が自分であるという感覚」である。
アイデンティティーが確立できないでいってしまうことがどれほど多いか。心理学の本を読んでるとつくづく思う。
アイデンティティーの確立はすべての人が青年期に乗り越えるべき課題である。と思う
のでひたすら私は考える。

いくつになっても自己限定することができない。自分は一商社マンだとか、自分は一新聞記者だとか、自分を限定していけないで、いつも夢みたいなことを言ってる人がいる。
就職をしないで大きなことばかり言ってる人がいれば、就職してもそれが自分本来の職業だと自分を限定していけない人もいる。いつになってもそれは仮の職業なのである。
フリーターの人も大きなことは言ってないが、アイデンティティーが確立されていないのではないか。


では、アイデンティティーはどうして確立されるか。
まず第一には、「理想の自分」と「現実の自分」を間違えないこと「なりたい自分」と、今のこの「現実の自分」を間違えないことである。・・・


とすごく永遠に続くんですが、
・・・
・・・童話の「人魚姫」は、自分は、「人間になりたい」と思ったその結果、不幸になった。人魚姫は自分で勝手に、しっぽがあるという劣等感をつくっていただけなのです。人魚はしっぽがあったから自分なのである。しっぽがあったから人魚姫は人魚姫なのである

 「この病気さえなければ、どれくらい仕事の能率があがるか」と自分をどれくらい恨んだことか。 
しかし、あるときふと逆のことが頭に浮かんだ。もしかしたら、私はこの病気がなかったら教授の私はうまくいかない学生の気持ちがわからなかったかもしれない・・・。以下略
私はこの病気だから私なのである。この病気ではなければ私は私ではない。私も童話の人魚姫と同じだと思った。人魚姫はしっぽがあったから自分なのである。

=本から抜群=

そしてわたしもふと思った 
この本でいう人は 
母、父や非難する周りの人から感じてた愛情飢餓心で 脅迫的に「実力がないと生きていけない馬鹿にされる」と無意識でも必死に努力し続けてしまう私は
その理想、名誉、実力で 昔認められなかった自分の傷を癒そうとするわたしで
頭の中の理想に、現実なんか見えないで 蝕まれてるというわたしであって、

きっとわたしはこの、理想を実現すると、

本来のわたしは私でなくなるじゃないのか。

と気づいた。


あぁこの気に入らない中途半端な顔の私がわたしだ
笑うと顔が気に食わなくなるわたしだ、
こんな身長のわたしで。
こんなコンプレックスがあるわたしだ、
くよくよと気にしなくていいことまで妄想して考えてすぐ泣くわたしだ、
すぐ周りと自分を関連づける被害妄想気味のわたしだ。
しゃべると意外としゃべるのが上手にいけたりするわたしだ

それが わたしだった・・・   それじゃないとわたしじゃない。それは理想なんかじゃ出せない、
今のわたしだ。

こう考えると私にアイデンティティーなんてあるはずがなかった。
なにしろもうエレルギーがないのです。どんな苦労とか努力なんかよりも 
人に気に入られるようにするほうのほうがエネルギーのほう大変だった。

母親にうまく甘えられなかった自分で
すこしでも褒めてもらうとすごくうれしかった。
だれでもいいから 褒めてほしい、愛して という幼児的願望が満たされない。
人間が生まれたときに幼児願望を持っている。それを心理的に零歳とするならば、
幼児的願望と周囲からの破壊的メッセージ記憶に引きずるわたしはマイナス十五歳だ。
 
「人が愛せるようになれますように。
 どうか神さま 自己中なこの幼児的願望を満たしてください」 

いまのわたしにあるのは
幼児的願望の だれでもいいから愛して しんどいから癒して 
満たして 満たして お願いだからこの不安を満たしてくれ

っていう果てしないこどもの欲求ばかりです。


以上 アイデンティティーについて自分への考察です。

みなさんは自分のアイデンティティーについて考えたことはありますか?
それはどうにか乗り越える心の課題ではないでしょうか。

更新しなければ、したい。 と思うので
もうすこしまってね。
プロフィール

miki

Author:miki

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。